石川県の老人ホーム探し〜石川県の介護施設探し〜

Sponserd Link

介護保険施設と民間運営の比較

kaigo13

一般的に、介護保険施設ではその費用の安さがメリットとしてあげられますが、従来型の施設はユニットケアではなく相部屋によるケアを採用しているなど、人によっては理想の介護ケアではない、と考える方がいるのも事実。
入居される高齢者の方にとって、最も良い選択をきちんと見極めていきましょう。
下記に、民間運営の介護施設と介護保険施設のメリット・デメリットをまとめてみました。

介護保険施設

@メリット

・利用料金が安い
・入居一時金不要
・介護度が高くても入居可能

 

Aデメリット

・人気があり入居難易度が高い
・多床室(相部屋)が多い


Sponserd Link

民間運営の介護施設

@メリット

・選択肢が多く、入居難易度が低い
・設備、サービスが充実している施設が多い

 

Aデメリット

・料金が高い
・入居一時金など初期費用がかかる
・外部サービス利用型では、介護度が高くなると割高に

まとめ

介護保険施設は利用料金が安く、入居時における入居一時金が不要であることが大きなメリットであり、人気の理由となっていますが、そのため人気も高く入居難易度は高くなっています。
一方で、介護付き有料老人ホームやグループホームなどの民間の介護施設は選択肢の幅が広く、入居者目線に立ったサービスや独自の介護方針で最新のケアが受けられるところなどそのバリエーションも豊かです。
居室環境をみても、従来型の介護保険施設では相部屋が基本となっていたことから、新しく開設された介護保険施設以外の施設ではまだまだ相部屋が多く、入居者のプライバシー保護や人権の観点からは充分と言えない現状があることも理解しておきましょう。
主に、金銭的な理由から特別養護老人ホームなどの介護保険施設への人気が高まっていますが、最近では生活保護受給者でも入居できる民間の介護施設や、入居一時金などの初期費用がかからない施設も増え始めています。
「お金がないから特別養護老人ホーム」という考え方に縛られずに、様々な施設を検討してみる価値もあります。


Sponserd Link


 
石川県の介護施設 近くの介護施設 Facebook Google+ はてなブログ 日々是好日